Excelで工具管理は可能ですか?

 

皆さん、自問してみてください。切削加工業務における工具管理はExcelで足りていますか?

Excelは柔軟性があり使いやすいと考えられていますが、自作のExcelソリューションまたはテンプレートは、工具管理の領域で役立つ領域が非常に限られていることを経験上皆さん認識しています。工具管理の分野でExcelを使用することは、アナログ管理より優れていますが、制限から逃れることはできません。 

一方、工具管理専門のソフトウェアはすぐに利用可能で使用できます。

個々のワークフローと業務プロセスへの統合は、専門の工具管理ソフトウェアを使用して簡単かつ意図的に実装できます。Excelを使用すると、この領域で制限されることが多々あります。

数十年に渡る多くのプロジェクト経験を通じて、私たちは1つのことを知っています。それは、生産性を向上させる効果が結果であるということです。 

インタフェースはExcelソリューションでは使用できませんが、工具管理専門のソフトウェアは標準機能として備えており、周辺システムのアップグレードサイクルに合わせて開発が続けられています。
また、有資格の担当者がトレーニングを常に提供し、ユーザー側のコアチームが変動した場合にも繰り返し実施し、サポートすることができます。 

多くのユーザーの声やプロジェクト経験から得た知恵を収集し、継続的に開発を続けていくことで、工具管理専門のソフトウェアはさらに洗練され、それを使用するユーザーに利益をもたらします。これは、Excelソリューションでは不可能です。

自作のExcelソリューションから自身を解放してください。工具管理専門のソフトウェアであるWintoolを活用し、Excelでは実現困難だった、複数の担当者・複数の部門と一元管理された情報を共有し、機械加工準備作業における意思決定のスピードアップに繋げてください。 

 

[Translate to Japanese:] Softwarelösung Excel Kostenlos