ERP連携

 

工具購買要求を自動化・スムーズな購買プロセス

 

WinTool ロジスティクスモジュールは、コストセンターに登録したマシン上の工具使用状況を追跡します。工具は、NCプログラム指定の要求(工具リスト)もしくは CNCプロセス管理モジュールに基づき、保管場所から払出されます。

 

ハイライト

  • 在庫水準が発注点基準(最小在庫レベル)に達すると、購買要求データを自動生成。管理者による承認後、購買要求データが自動的にERPシステムに送信
  • ERPシステムは購買オーダー発行後に確認データをWinToolに送信
  • 入庫手続きはWinToolもしくはERPシステムで実施
  • WinTool-ERPシステム間でマスタデータを同期

 

To 工具収納システム連携

Back to CNC工具在庫管理概要

 

WinToolを活用した工具管理・機械加工業務管理に関心がありますか? ご連絡ください!

工具収納システム連携

 

工具収納キャビネットと工具リストを統合

 

正確で信頼できる工具在庫数量データは、スムーズな機械加工作業および最適な工具供給計画に必須です。工具自動収納システム(リフトシステム)や工具ディスペンサーシステムのような統制された環境で、在庫は最適に管理されます。

WinTool工具収納システムインタフェースは、WinToolと工具収納システムを連携し、品目マスタデータ(グラフィクスを含む)をWinToolから工具収納システムへ送信します。工具収納システムにおける在庫数量変動は、自動的にレポートバックされ、WinToolで更新されます。このような形で、貴社は加工現場ですべての工具収納状況および工具在庫取引をコントロールできます。

WinToolは、グローバルで著名なリフトシステム&ディスペンサーシステムとインタフェースします。