WinToolを使用して機械加工業務の信頼性をさらに向上!

 

マスタデータ管理は、スマートファクトリーの重要な構成要素です。貴社で使用する工具・治具・測定機器のデジタル情報がライブラリで一元的に記録および管理され、機械加工業務で利用可能です。WinToolのオペレーションは容易で素早く学習できます。工具のデジタル情報は、クラウドポータルからインポートしたり、個別に作成することも可能です。WinToolは、インポートしたデータの妥当性をチェックします。

WinTool活用による利点:

-         機械加工業務においてデジタルデータを効率的に活用するための最適なソリューション
-         データ管理の一元化(社内の複数のデータベース散在からの脱却)
-         機械加工に関連するすべての生産技術情報および社内保有工具在庫情報を検索
-         機械加工作業ワークフローを標準化し、業務の生産性を向上 
-         機械加工業務に関連するデータを見える化し管理力を向上

 

新たに、下記のWinTool機能およびCAMシステムとのインタフェースを更新しました!

• WinTool 2020.3.1
        - 検索およびフィルタ機能の最適化
        - カタログデータインポート・エクスポート機能のカイゼン
 
• WinTool Mobile Web Application 1.2.0
        - オペレーションのシンプル化
        - タブレット上のWebAppで情報フィールドを編集可能
        - WebAppで分類およびステータスを変更可能

• WinTool Machining Cloud Portal 1.5
        - 工具データのマッピングに関する機能改善
        - 複数の工具タイプに関して、適合コードの追加
 
• WinTool ESPRIT TNG Interface (V1.1)
        - 新しい工具タイプのサポート
        - 工具データ転送機能のカイゼン

• WinTool NX Interface (V5.0.1)
        - NX 1942 とのインタフェースを追加
        - 工具データ転送機能のカイゼン
 
• WinTool TEBIS Interface (V3.6.1)
        - 切削条件値等、工具データ転送機能のカイゼン
 
• WinTool Mastercam Interface (V4.1.0)
        - 切削条件データ転送のカイゼン
        - Mastercam 2020 & 2021用パラメータ転送の最適化

 

[Translate to Japanese:]   Machen Sie Ihre CNC-Produktion zuverlässig!