WinToolを使用して機械加工準備業務の信頼性をさらに向上!

 

マスタデータ管理は、スマートファクトリーの重要な構成要素です。工具・治具・測定機器のデジタル情報が、一元的に記録および管理されます。デジタル情報は、機械加工業務ワークフローにおいて、必要な際に、どこからでも・いつでも、オンラインで利用できます。WinToolの使用は包括的で簡単です。工具のデジタル情報は、製造元のクラウドから直接インポートするか、個別に作成できます。WinToolは、インポートしたデータが正確かどうかチェックします。アセンブリ工具・寸法付グラフィクス・3Dモデル・工具リスト・セットアップシートは、自動的に作成されます。

 

WinTool活用による利点:

• 機械加工業務においてデジタルデータを効率的に活用するための最適なソリューション

• データ管理の一元化(社内の複数のデータベース散在からの脱却)

• 機械加工に関連するすべての生産技術情報および社内保有工具在庫情報を検索

• 機械加工作業ワークフローを標準化し、生産効率を向上

• 機械加工準備業務に関連するデータを見える化

 

WinTool最新バージョン2020.1をリリース!

• CodeMeterによるライセンシングテクノロジーの最適化と拡張

• 「データ承認を経て自動的にPDFファイルをアーカイブする」アドオンモジュールを追加

• 工具コンポーネントの形状値を入力・変更時、即時に3Dシェイプに反映

• 3Dシェイプ生成機能・データ検証機能の改善

• ツールプリセッタ Parlec Omega7 との標準インタフェースの構築

機械加工準備業務管理